草津街あかり・華あかり・夢あかり

今年の街あかりのご報告

ホーム > 第13回 草津街あかり・華あかり・夢あかりのご報告

あかりART展

毎年恒例のメイン企画のひとつ。
今年も寺社仏閣など歴史ある建築物とそのお庭をアーティストの卵の皆さん(デザインを専攻する学生さん達)によって
見事に演出していただきました。

第十三回 草津街あかり あかりART展 グランプリ 京都工芸繊維大学 「神聖-旅の宿」チーム名:ありさん 場所:正定寺

込田公園「灯りのあそび庭」

草津市役所近くの込田公園を今年もライトアップ。
世代の壁を超えた出会いをイメージしてデザインされたキャンドルタワーを中心に会場を飾り立てました。

史跡草津宿本陣ライトアップ「陰影礼賛」

草津を代表する史跡草津宿本陣。通常、夜間入館はできないのですが、草津街あかりの日は特別。
江戸時代の原形を留めた現存する本陣の、建築としての美しさを最大限に引き出すライトアップでお迎えします。

街道あかり

たくさんの手作り灯りが夜の草津路を彩りました。
多くの人で賑わう街道を、ひとつひとつにメッセージが込められた足元灯りが照らしてくれました。
そのメッセージ、順々に読んでいくと、心が温かくなっていくんです。
今年もナイスなメッセージがたくさんありました。

市民作品展示

小さいお子さん達の可愛い灯りが中心の市民作品展示。
会場内で「私の作ったのこれぇ~」と笑顔で話す小さなアーティスト達の賑やかな声が微笑ましく、
ほっこりする時間があちこちで流れていました。

トワイライトコンサート

街あかりの雰囲気にぴったりの音色が、イベント会場各所で奏でられました。
美しい灯りに、音楽が加わるとやっぱりいいですね!

草津ものづくり横丁

毎年開催している「ものづくり横丁」。
今年も大好評で、味わい深い工芸作品の実演やワークショップで楽しんでいただきました。

写真提供:立岡写真館、西岡写真工房、杉立好正

草津の街をこんな灯りが彩ります!
ページの先頭へ